イオンカードセレクトとWAON一体型の違いは?どっちを選ぶべき?

イオンカードセレクトとWAON一体型の違いは?どっちを選ぶべき?

カードひとつがあれば多額の現金を持ち歩く必要がなく、日常のショッピングなどで気軽に使えるのがクレジットカードの便利なところです。

こうしたクレジットカードを取り扱っているカード会社・信販会社はいくつもありますが、食品や生活雑貨などの買い物が多めの人にとって特にメリットが大きいのがイオンカードです。

そこで、イオンカードの特徴と、申し込み時に選べる種類の中でも特に違いがわかりにくい

  • 「イオンカードセレクト」
  • 「イオンカード(WAON一体型)」

の機能や特典を比較。

契約前にどっちがいいのか悩んでいる人も多いと思うので、参考にしていただければ。

イオンのクレジットカードについて

名前のとおり大手流通チェーンのイオングループの一角を占めるイオンクレジットサービスが発行しているもので、当然ですが全国各地にあるイオンのショッピングモールの店舗とも提携しています。

イオンカードの特典

イオンカード共通の特典ですが、 全国のイオン・ジャスコなどのカウンセリング化粧品はカードを提示するだけで10%OFF! 毎月20日と30日のお客さま感謝デーにイオンで買い物をした場合、特別にその代金が5パーセントオフになります。

毎月5・15・25日は、ときめきポイントとWAONポイントが2倍!ジャスコ、マックスバリュー、メガマートをはじめとするイオングループ各店舗でご利用できます。

そのほか、カードの利用金額に応じてときめきポイントが貯まり、そのポイント数に応じてさまざまな商品と交換することができます。

ポイントに関してはメンバー会員専用のショッピングサイト上でインターネットを経由して買い物をした場合には、最大で21倍付与の特典もプラスされています。

ほかにも特定の旅行サイトを通じてパッケージツアーの申し込みなどをした場合に割引が受けられるといった、いくつもの特典があるところが人気を集めています。

このようなイオンカードには目的に合わせた種類があらかじめ用意されており、公式サイトによると現在55種類もラインナップされています。

それらの中で一番オーソドックスなのはイオンカードセレクトと呼ばれるメニューですが、そのほかにもWAON一体型などの種類があり、それぞれ内容が微妙に異なります。

これらのカードをパソコンなどを使ってインターネットからオンラインで申し込んだ場合には、最短30分の審査で結果がわかるため、申し込みをした当日にもイオンの店舗で受け取りができ、しかもその日からクレジット決済が可能です。

このようにスピードと便利さが特徴のクレジットカードなので、申し込み後にあっちにしておけばよかった!なんて後悔することのないよう、どれを選択するのか間違えないようにしたいですね。

イオンカードセレクトとイオンカード(WAON一体型)の特徴

そこでここではラインナップの中でメインとも言える2枚、「イオンカードセレクト」「イオンカード(WAON一体型)」をピックアップしその違いを紹介していきます。

イオンカードセレクトとイオンカード(WAON一体型)その他のイオンカードの機能を比較したのが下記の表になります。

イオンカード
セレクト
イオンカード
(WAON一体型)
その他の
イオンカード
クレジットカード
機能
電子マネー
WAON機能
キャッシュカード
機能

イオンカードセレクトはクレジット機能と電子マネーWAON機能、イオン銀行キャッシュカード機能という3つの機能を備えているカードです。

イオンカードセレクトは、申込みと同時に開設する「イオン銀行口座のキャッシュカード機能」も兼ね備えています。

イオンカードセレクトの特徴

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトはたくさんある種類のなかでも一番人気のカードですが、分かりやすくいえば

  1. クレジットカード
  2. イオン銀行のキャッシュカード
  3. 電子マネーWAON

の3機能のすべてがセットになったものです。

このカードには国際ブランドを選んで付与することができるほか、高速道路料金の自動決済のためのETCカードなどのサービスも追加することが可能です。

カード盗難時の保険も無料で付帯されていますので、万が一のことがあった場合でも安心というのがメリットになっています。

クレジットカードにありがちな年会費の負担についても、イオンカードセレクトならば無料です。

このカードはイオン銀行のキャッシュカードも兼ねていますが、クレジット機能がない単独のキャッシュカードとは違い、普通預金の金利の優遇も適用されますので、貯蓄性があるという意味でも使いどころがあります。

そのほかにも電話や上水道、ガスなどの公共料金の支払いを口座振替にしたり、会社の給与を自動振込にするといった用途でも活用できます。

イオンカード(WAON一体型)の特徴

イオンカードWAON一体型

一方のイオンカードのWAON一体型ですが、見た目はほぼ一緒ですが、デザイン的な違いはカード左下に「イオン銀行」・下中央の「キャッシュカードのご利用▶」表記のあるなし、所有者のローマ字名の位置くらいです。

機能的には次の2つのみ。

  1. クレジットカード
  2. 電子マネーWAON

クレジットカードに電子マネーWAON機能だけが付随したカードとなっています。

したがってセレクトよりも機能的が限定されており、すでにイオン銀行以外の銀行口座がある人に向いているカードといえます。

WAON一体型の場合はイオン銀行のキャッシュカードとしての機能はありませんので、逆にいえば店舗でクレジットカード決済を選択し、その代金を後日支払う場合には、イオン銀行以外の他の金融機関を指定して、そこに開設されている口座から自動引き落としにすることも可能です。

ほかにもクレジットカードの機能では、原則毎月10日が締め日となり、翌月の2日に自動で引き落とされるところや、無料の保険が付いているところなどは、両者とも特に違いがあるわけではありません。

イオンカードセレクトがWAON一体型よりおトクな部分

イオンカードセレクトの項目で紹介した「イオン銀行の金利アップ」のほか、電子マネーのWAONチャージをした場合にもおトクなポイントあります。

「WAON一体型」はポイント還元の特典がないのに対して、「イオンカードセレクト」のほうでは0.5パーセントのポイント還元があり、税込みで200円ごとに1WAONポイントが付与される特典があるのがメリットといえます。

オートチャージができる金額の上限についても違いがあり、イオンカードセレクトが49,000円までとなっているのに対してWAON一体型では29,000円までにとどまっています。

どちらを選ぶべき?

こうしたことからポイントなどの特典までを含めて総合的に考えた場合には、やはりイオンカードセレクトのほうが申し込みをするメリットは大きいといえます。

それでもWAON一体型のほうを選択するケースとしては、日常的に利用するメインバンクがすでに決まっていて、イオン銀行の口座を新規開設する必要がなかったり、逆に多くの銀行に口座を開設すると煩雑になり管理がしにくいといった場合が該当します。

なお両方ともに家族カードの制度があり、本人と同じ機能を持っているカードを3枚まで追加発行することができます。

この場合も年会費は無料なほか、家族でポイントをまとめることも可能ですので、家族利用を考慮に入れて選択をするのも適切な方法です。

ちなみに私は使い慣れた口座(給与振込口座)から引き落としにしたかったので「WAON一体型」をチョイスしました。毎月の引き落とし分をイオン銀行口座に入れておくのが面倒だったので・・・。ただ私はメインカードが別にあるのでこれでも問題なし。

でもこれからイオンカードをメインで使っていくなら、イオン銀行で口座開設してでもセレクトをチョイスしたほうがいいです。

イオンカードセレクト入会申込から審査の流れ

イオンカードセレクト入会申込

イオンカードセレクトは、申込から本人確認まで全ての手続きがオンラインで完結でき、面倒な入会申込書の記入や書類のコピー・郵送も不要です。

カード入会申込みをすると、同時にイオン銀行の普通預金口座の開設をすることになり、利用代金の振替口座は自動的にイオン銀行普通預金口座に設定されることになります。

普通預金金利や、WAONオートチャージでもWAONポイントなど、イオンカードセレクトの特典も充実しています。
さらにカードローン機能も追加でき、ETCカードも同時申し込みが可能です。

イオンカードセレクトの審査時間は、最短即日入会審査結果がメールで連絡があり、郵送でも届きます。

本カードは1週間ほどで届きますが、アプリを使えば仮カードを即日発行・即日受取も可能になっています。

イオンより入会審査の結果がメールでご連絡があります。

入会審査通過後に、送られてくる「ご本人確認手続きのご案内」メールの案内に沿って本人確認手続きをおこないます。

本人確認方法
  1. 本人確認書類の送信(画像アップロード)
  2. 受取人確認サポート

本人確認書類の提出は、画像アップロードを利用して提出すればスムーズです。

受取人確認サポートは、受取人と申し込み者が同一人物か確認して配達される、佐川急便株式会社の宅配サービスです。

受取人確認サポートでカードが送られてきますが、カード受け取りには、運転免許証やマイナンバーカードなどを提示します。

氏名・住所・生年月日などが、本人確認書類(公的書類)とすべて一致していることが確認できた場合に、カードを受け取りできますが、本人以外の受け取りはできないので注意を。

イオンカードセレクトの在籍確認

イオンカードセレクトを申込みした際、キャッシング枠を希望した場合には勤務先への在籍確認は基本的におこなわれます。

キャッシング枠を希望しない場合には、電話での在籍確認が無い場合が多いです。

専業主婦の方は元々キャッシング枠は申し込めませんので、旦那さんの会社などに確認の連絡はありません。

イオンカードセレクト審査状況確認

イオンカード入会審査の審査結果については、クレジットカードの発送のメールでしか知ることはできません。
結果が遅い場合には、審査に落ちた可能性が高いです。

審査落ちしている場合には、「お見送り」の書面を郵送にて送られてきます。

もし、申込みしてから1ヶ月が過ぎても審査結果の連絡やカードが届かない場合は、イオンカードコールセンターまで連絡ください。

電話での問い合わせ先
年中無休受付時間/9:00-18:00
ナビダイヤル/0570-071-090(有料)
043-296-6200(有料)

イオンカードから送られてきた利用可能額の増額案内

イオンクレジットサービスから「割賦枠(リボ・分割・二回・ボーナス払いの利用可能枠)増額申込みのご案内」が届きました。

イオンカードからメールや手紙などで、利用可能額の増額案内が送られてくることがあります。

▼こんなの

イオンカード利用可能額の増額案内

1年くらい前にも一回届いた覚えがあるので年に一回送られてくる感じ?

▼中身

イオンカード利用可能額の増額案内の中に入っていた書類

カード会社で途上与信などがおこなわれ、キャッシングなの借入額などを調べています。

増額申請をした場合より、増額案内がきたときのほうが、増額審査に承認される可能性が大幅にアップします。

個人情報と今の収入状況を記入する用紙入り。

▼私の利用可能枠

利用可能枠

なんともレベルの低い数値でございます(汗)

送料可能枠は90万で割賦枠(ってのはショッピング枠の分割で使える分のこと)は50万円。
となると残りの40万円までは一回払いなら利用可能ですね。

キャッシング枠については載ってないようです。
今回の案内はあくまでショッピング枠増額だけみたいですね。

必要であれば、収入証明などの提出や在籍確認が実施されることがあります。増額申請後に、キャッシング利用枠の場合は、収入証明などの提出が必要になることがあります。

で、増額してもらうには、入っていた申込書に以下の項目を記入、同封の封筒に入れてポストに投函するだけ。

増額の申込書
  1. 記入日
  2. 氏名
  3. 勤め先
  4. 会社名
  5. 会社電話番号
  6. 年収
  7. 家族人数
  8. 住宅ローン・家賃負担状況
  9. 配偶者有無
  10. 配偶者年収
  11. 配偶者クレジットカード利用状況
  12. 配偶者氏名

とくに収入を証明する書類も必要なく、記入して投函するのみ。
あとは運を天にお任せで。

審査結果は1~2週間後に書面が送られてくるそうですよ。

今回のものはイオンクレジットサービス株式会社からの案内に返信する形での増額方法。

そういう受け身じゃなく自分から増額依頼する方法についても調べてみました。

イオンカードの会員ページからの増額方法

利用可能枠の増額方法は次の3パターンから。

  1. 会員ページ「MyPage」から申請
  2. イオン店舗にある変更届を記入→ポストに投函
  3. コールセンターに依頼

それぞれについて解説していきます。

1.会員ページ「MyPage」から申請

イオンフィナンシャル暮らしのマネーサイトの会員ページから
https://www.aeon.co.jp/

「MyPageメニュー → ご利用可能枠変更申請」から必要事項を記入して送信します。

▼入力項目

利用可能枠変更申請マイページ

2.イオン店舗にある変更届を記入→ポストに投函

そのまんまですが、近所にあるイオン店舗(イオンやイオン系スーパーなど)へ行って変更届をゲット→ポストに投函しましょう。

3.コールセンターに依頼

テレホンアンサー(自動音声応答サービス)へ電話して依頼します。
年中無休24時間受付

  • 固定電話から>>0120-223-212
  • 携帯電話から>>0570-064-750

自動音声対応なので、携帯で真面目に聞いているとお金かかるだけですから、一番手っ取り早いのは次のショートカットキーを利用すること。

0 + #

214 + #

繋がったらすぐプッシュしましょう。

一応断っておきますが「+(プラス)」は押すわけじゃありませんよ。押すのは「0#」と「214#」です。

あとはクレジットカード情報などを入力して完了です。

増額を考えているなら、イオンゴールドカード入手にチャレンジ!してみませんか?

イオンカードセレクトのポイント還元率・メリット

イオンカードセレクトのポイント還元率・メリット

イオングループの対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍になります。

お買い物のたびにポイントがたまるおトクな電子マネー!あらかじめチャージ(入金)しておけば、ワンタッチでお買い物ができて小銭いらずでとっても便利!

現金でのチャージはもちろん、指定の金額をイオン銀行の普通貯金口座から引き出してWAONにチャージできます。
WAONには、50,000円までチャージできます。

カードショッピングご利用200円ごとに1ポイント、たまったポイント数に応じて素敵な商品との交換ができる特典です。ときめきポイントを素敵な商品や期間限定商品に交換できます。

イオンマークのカードで、現金を引き出せるキャッシングサービスが利用でき、電子マネーWAONポイントは、WAON(電子マネー)に交換してお買い物で利用できます。

イオンの店舗以外にも、コンビニや家電量販店、飲食店、レジャー施設など、全国のWAON加盟店で利用限度額の範囲以内で利用できます。

イオンiDの申し込みでキャッシュレス・スタイル!イオンiDは、NTTドコモの「おサイフケータイ」で買物ができるサービスです。
ケータイひとつで、簡単に支払いができます。

イオンカードを登録するだけで、事前のチャージが不要です。全国のイオンをはじめ、フォーラスやスーパーセンター、または「iD」ステッカーのお店で利用できます。

WAONカードをマイナポイントに登録して、対象期間内にカードを利用すればマイナポイントが受け取れます。

イオンカードセレクト ポイントためるには

イオングループの対象店舗で、カード利用の場合はポイントがいつでも2倍になります。また、優待加盟店やオンラインショップ加盟店を利用すれば、ポイントがたまるのでお得です。

毎月10日のときめきWポイントデーは、通常の2倍ポイントがたまります。

イオンカードポイントモールでは、最大10倍のポイント還元が受けられるのでザクザクたまります。

食品から衣料品、家具、家電まで幅広くお買い物にご利用いただけます。ときめきポイントは、クレジットカードのご利用金額に応じてポイントがたまるのでお得になります。

イオンカードセレクト 付帯保険や補償サービス

ショッピングセーフティ保険が付帯されてます。

ショッピングセーフティ保険は、カードで購入された商品が事故などにあった、商品の破損などの損害時に対応してくれる保険になっています。補償は年間50万円までになります。

カード盗難保障は、紛失や盗難などで不正使用された場合に補償してくれます。

最短即日カード発行・即日受取も可能になっている

インターネットから申し込みをした場合、最短30分審査が可能になります。審査に承認されると、即日発行で当日カード受取が可能になります。急ぎの方にはおすすめです。

入会申込時に、店舗で受取りを選択しておくことが必要になります。カード受取り期限内に、必ずイオン店頭のイオン銀行かイオンクレジットサービスカウンターに来店をしないといけません。

当日受取りのカードは、本カードでは仮カードになります。仮カードとは、国際ブランドが付いていないカードになっています。本カードは、1週間程度で郵送で送られてきます。

仮カードは、イオン店舗やイオンマークがあるお店で利用することができます。カード受取りには、本人確認資料などが必要になるので、必ず公式サイトで確認をしておきましょう。

イオンカードの審査に通らない審査に落ちる

イオンカードなどは独自の審査基準があり、申込者の属性をスコアリングして審査しているため、一定の基準点に達していないと判断されると厳しくなります。

他社借り入れ状況も影響し、延滞情報などが信用情報にあれば審査に否決されます。

改正割賦販売法の規制があるので、他社のローン利用額などによっては審査に否決されます。クレジットカードを複数枚所有していると審査に通らないことがあります。

お申し込み者の属性や他社借入れ状況・信用情報などを含めて、入会審査の可否を決定しています。

スーパーブラックの真逆である、スーパーホワイトと呼ばれる過去にローンやなどを利用したことがない場合は、まれに入会審査に否決されることもあります。

イオンカードセレクトの口コミ評判/評価

イオンカードセレクトの口コミ評判

イオンカードセレクトの悪い口コミを紹介します。

支払いができなかったときの対応が最悪。振り込み用紙が振り込み期限ギリギリに送られてくる。住所変わってて、転居届も出してるのに届かない。そうしたら電話が頻回にかかるようになり、取ってみると音声案内。コールセンターに繋いでもらい、転居先の住所に振り込み用紙を届けてほしいと伝えると、「今からでは発送が間に合いません。銀行振り込みしてください。」と。期日は翌日までと。本当に対応がおかしい。解約しようかと思ったくらい。

口コミサイト

専業主婦・アルバイトやパートの方でもカード入会することが可能です。

イオンを利用される方にはおすすめのクレジットカードになっています。年会費無料だけでなく、入会キャンペーンなども実施されており、特典満載のカードになっています。

■イオンカード ご利用までの流れ
お申込みフォームに入力 ⇒ 入会審査 ⇒ 本人確認手続き ⇒ カードお届け ⇒ ご利用開始

イオンカードセレクト 商品概要

国際ブランドVISA、MasterCard、VISA
年会費本会員:無料 家族カード:無料
ご利用限度額カード会社が個別に設定。
ポイントプログラムときめきポイント
ポイント付与200円=1ポイント
ポイント還元率0.5%+α
ポイント有効期限2年
移行可能マイレージJAL
マイレージ移行レート1,000ポイント→500マイル(1,000円=5ポイント=2.5マイル)
カード発行期間お申し込み手続き後、通常約2週間程でカードをお届け
電子マネーWAON
ETCカード年会費無料
付帯保険ショッピングセーフティ保険
申込対象者18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方。※未成年の方は親権者の同意が必要 専業主婦・アルバイト・パートの方もOK